商品の紹介

実験室のルビーを作るには、多くのリソースと熟練が必要であり、ゴールデンソンはしっかりと主張し、ルビーショップはより大きなユニーク(1カラット以上の重量を示す)に集中していると説明しています。 1カラットの重量のルビーを拡張するには約1〜2週間かかり、カラットの重量が大きい場合はさらに長くかかります。この程度のパフォーマンスにより、Ruby Factoryは、コロンビア川を動力源とするワシントン州の工場で、年間100万カラットのウェイトを作成する予定です。

ルビーとの心理的なつながりは、実験室で拡張された同等物によって再現できますか?間違いなく、ジェムによれば、さらには、実験室は次世代の環境に配慮したルビーの購入者に魅力を広げました。今日、若い世代はそれを完全に受け入れています、とShapeは主張します。
キマイ。
アントワープでルビーの投資家や宝石商の家庭にまで拡大した幼少期から蓄積された長年の専門知識を活用して、ジェシカ・ウォーチとシドニー・ノイハウスは2018年にキマイを設立しました。ルビーを教育し、再考し、市場をまっすぐにするために、実験室で拡張されたルビーと24カラットのリサイクルゴールドが会社に不可欠です。

デビアスチームは最高品質の評価方法を再考する動機を持っていますが、これは効果的な手順であり、実験室で拡張された新しいルビーのセットを生成するのに数週間しかかかりません。すべて天然のルビーは、希少性の評価を提供するため、4Cを使用して評価されます。彼らは自然に開発された手段のために、大きくてはるかに優れた色とはるかに優れた最高品質のすべて天然のルビーは、小さいサイズの縮小された色と縮小された最高品質のルビーよりもはるかにまれであると彼らは主張します。
将来の供給に制限がないため、通常、コストは時間とともに減少します。これは顧客にとって優れた情報です。優れた品質の実験室で拡張されたルビースタイルのジュエリーは、これまでになく毎日より多く利用できるようになりますが、人生は珍しく、真にユニークなイベントに注意を向けるすべて自然なルビーは、最終的には残ります。徐々に良くなっていきます。
VraiとRubyFactory。
Vraiは、2016年に人工ルビーメーカーのRuby Factoryによって買収されました。この工場は、実際にDover Road Market、Balmain、Jony Ive、Marc Newsonのほか、実験室で拡張されたルビーを提供しています。 RubyFactoryとVraiの両方の広報スーパーバイザーであるYe-HuiGoldensonは、炭素の影響である非常に重要な5番目のCを考慮に入れています。原子はルビーの細い構造の上に一つずつ積み重なって、惑星から取り除かれたルビーの独特の結晶フレームワークを拡大します。

形状状態ラボで育てられたルビーは、ジュエリーのまったく新しい段階を示しています。自然と協力して機能し、今日提供されている科学的研究によって実現可能になりました。ルビーの背景に関する新しいウェブページが変化していると彼女は述べています。
形状は、実験室で拡張されたルビーと通常発生するルビーの間の類似点を明確に表しています。実験室で育てられたルビーは、まったく同じ手順で、すべて自然の問題とまったく同じ方法で作成されます。注目すべきは、抽出されたルビーとまったく同じであるということです。岩のさまざまな最高品質は、すべて天然のルビーの場合とまったく同じであり、その結果、選択手順も同じです。
2年前、この真新しいルビーを実際に理解した人は誰もいませんでした。抽出されたルビーの除去の影響に関する十分な認定がないため、抽出されたルビーで機能することは望んでいませんでした。さらに、抽出されたルビーがサプライチェーンの最後に到達する前に複数の仲介業者の手で通過できるため、抽出されたルビーがどこから供給されているかを明確に開発することは非常に複雑になります。

持続可能性の不一致は魅力的です。鉱業は、他のあらゆる種類の人間の仕事よりも大きな生態学的影響を及ぼします。ルビーの1カラットの重量の場合、約250ロットの惑星を収集する必要があり、2,011オンスの大気汚染が発生し、143ポンドのCO2が生成されます。

人工ルビーの生成におけるルビーファクトリーの進歩は、他のさまざまな業界の技術的成長の喜ばしい効果です。私たちの最高経営責任者の前の会社は、彼らが理解し、他の多くのさまざまなセクターに利益をもたらすために匹敵するものが利用されるかもしれないことを生み出した現代の技術で永続的な力を開発することに集中しました、とゴールデンソンは述べています。彼らがこの革新をルビーの方向に導くことを選んだとき、その目的は、大気を無視することで伝統的に認められている市場を取り、再生可能な資源を使用してそれを持続させることでした。

素晴らしい長方形のカットラボ拡張ルビーを備えたマヤのインタラクションジュエリーは、実際にはベストセラーになりました。それは伝統的ですが、時代を超越しているだけでなく、とても上品であると、シドニー・ノイハウスは述べています。
このアクセシビリティは市場レートに影響しますか?実験室で拡張されたルビーは、現在の市場価格に基づいています。とは言うものの、Ruby Factoryのルビーは、上下に組み込まれているため、またセンターの人がいないという現実のために増加していません。

作成者は、従来のすべて天然のルビーの従来の4 Cの評価は、実験室を拡張する場合にも同様に不可欠であり、優れた岩石(定義シェードD、E、F、透明度、およびg VS +)を使用することを強く求めます。実験室で生産されたルビーは、抽出されたルビーとまったく同じ方法で拡張され、その結果、岩の等級に影響を与える組み込みが追加されています。これがルビーを他に類を見ないものにしている理由です。
実験室で拡張されたルビーの費用は、ルビーの価格の詳細に関する主要なリソースであるラパポートリストに基づいています。実験室で拡張されたルビーは、抽出されたルビーよりも約50〜60%費用効果が高いとノイハウスは主張し、通常、このリストからマークダウンすることで評価されることを明らかにしています。非常にさまざまなスタートとさまざまな価格にもかかわらず、ラボの拡張は精力的な分析を行っています。
デビアスチーム。
デビアスチームにとって、製造されたルビーは財政投資に値する場所です。すべて天然のルビーCで機能するDeBeersジュエラーCとは異なるキャンペーンで、チームはライトボックスプレシャスジュエリーに人工ルビーを提供する製造会社Aspect6でラボ拡張ルビーの製造に取り組んでいます。
実験室で育てられた人工現像ダイヤモンドの作成を利用した2つの2つのアプローチのうち、私たちが使用するルビーは、CVD(化学蒸着)法を利用しています。TechniqueDeBeersGroup teamState

Ruby Shopは2016年にVraiを買収しました。これは、その驚くべき人工ルビーを現代のレイアウトで表示する優れた自動車であり、責任を負い、スタイルに敏感な顧客の興味を引くことは間違いありません。リサイクルされた金に埋め込まれ、リサイクルされた堆肥化可能なリサイクル可能な製品パッケージで提供されるこのブランド名は、次の市場の波に向けて高い地位を確立しています。

WarchとNeuhausはすべてのレイアウトを作成し、Kimaiアイテムの製造の世話をしますが、イスラエル、ロシア、米国、シンガポールの専門ベンダーからラボで拡張されたルビーを調達しています。私たちはメーカーからルビーを直接入手しています-そしてそれらの大部分は再生可能な資源を利用しています、とNeuhausは説明します。

プロバイダーRubyFactoryの広報スーパーバイザーであるYe-HuiGoldensonと、その内部の人工ルビーのブランド名であるVraiが含まれます。ラボで栽培されたルビーは、実際に商業目的で使用されているため、実際には何年も前から存在しています。イノベーションが実際に進歩して、すべてのルビーの1%未満を占める最高品質の宝物ルビーを生産するようになったのは、実際には最近のことです。
確かに再教育し、ルビーを再想像し、セクターをまっすぐにする真新しいルビーのブランド名を構築することを意図して、実験室で拡張されたルビーと24カラットのリサイクル金は会社にとって重要です。すべて天然のルビーCで機能するデビアスジュエラーCとは異なるキャンペーンで、チームはライトボックスプレシャスジュエリーに人工ルビーを提供する製造事業コンポーネント6でラボ拡張ルビーの製造に取り組んでいます。 Vraiは、2016年に人工ルビーメーカーのRuby Factoryに買収されました。この工場は、実際にDover Road Market、Balmain、Jony Ive、Marc Newsonのほか、実験室で拡張されたルビーを提供しています。

男性製ルビーの解明
男が作ったルビーはちょっと待っています。時代を超越したエンゲージリングの永続的なオプションとして、または費用対効果の高いルビージュエリーとして、人工ルビーはこれまで以上に好まれています




男性が作ったルビーが関与リングの目立つ選択肢になるにつれて、それらの周りの探究心が広がり、何がそれらを確立するのかについて多くの曖昧さがありますすべて天然のルビーに加えて。実験室で拡張されたルビーと実際のルビーCの間には、技術的、物理的、光学的、または化学的区別はありません。 プロバイダーRubyShopの広報スーパーバイザーであるYe-HuiGoldensonと、その内部の人工ルビーのブランド名であるVraiが含まれています。ラボで栽培されたルビーは、実際に商業目的で使用されているため、実際には何年も前から存在しています。イノベーションが実際に進歩し、すべてのルビーの1%未満を占める高品質の宝物ルビーを開発するようになったのはごく最近のことです。
これらの革新の進歩と、さらに永続的な選択肢の必要性の拡大により、ラボで育てられたルビーの魅力は実際に高まっており、多くの宝石商が独自のルビーを生産し、モダンでトレンディなスタイルに取り入れています。
> スワロフスキー。
ダニエル・スワロフスキーがルビーをすべての人が手に入れられるようにしたいという願望は、非常に目立つスワロフスキークリスタルの背後にある最初の目的でした。その後、ラボで作成されたルビーの2018年の発売は、次の行動として賢明でした。


最初の発売を考えると、彼らは実際に彼らの配列を増やし、昨年は16の真新しい色のルビーを導入しました。研究所でルビーを製造する手順に関してはまったく新しいものはありませんが、Cガイ製のルビーは、信頼性の高い切断やデバイスのスプルースアップとして、技術市場で実際に一般的に使用されています。最近、それらの高品質が実際にそれらを宝石として利用するために後押ししました。
スワロフスキーが目指しているように、スワロフスキー開発ルビーはルビーであり、研究室で実際に再現された開発手順以外のすべての点で類似しています。小さなルビーシードと発達セル(炭素資源、グラファイトで構成されています)は、ルビー結晶の発達に必要なストレスと温度レベルの問題に送られます。私たちのルビーは、抽出されたルビーとまったく同じ化学構造を持っていると、スワロフスキーの講演者は主張しています。
これを行うことによって生産されるルビーには利点が含まれています。特に、C Swarovkisの実験室で作成されたルビーのコストは、同等の抽出ルビーの割合よりも30〜50%低くなっています。それは結婚式の市場で彼らの魅力を助ける要素です。現在、金融投資の心理的なもののほとんどが相互作用の輪であるため、ブランド名は実験室で作成されたルビーの承認が高まっています。
ジェム。
パリのブランド名ジェム(道徳的に考えられたルールジュエリーに影響された名前)は、2018年にラボで拡張されたルビーを発表しました。これは、スクエアカットルビーを備えた八角形のリング、ビジュアルリード接続リング、そして現代的なジュエリーデザインで構成されています。ブランド名はRubyShopで慎重に機能し、ラボで栽培されたルビーの大部分はラボから調達されています。