商品の紹介

アンクレット:練習かスタイルか?


アンクレットは現在、ナイジェリアの老若男女の間でトレンドになっています。スタイルシーン。
それらは現在、公式またはのんびりしたあらゆる種類の衣類の重要な部分と見なされています。
ほとんどのイベントで、女性だけでなく女性も、足首の関節を表示する衣服、さまざまなアクセサリー、プレミアム品質のチェーンを使用しているのが見られます。
アンクレットは、足首の関節の周りに付けられるアクセサリーまたはチェーンです。
ナイジェリア人の断面は、アンクレットの使用に関するさまざまな見解を共有しました。
アブジャのナイジェリア情報事務所(NAN)に、アンクレットを使用すると女性が強化されたと伝えた人もいれば、個人に魅力がないことを知った人もいました。
クロニスタのアマラチ・ジョセフ夫人は、アンクレットを利用することは、実際にはナイジェリアの女性の間で最も議論の余地のあるスタイルの1つであると主張しました。
ジョセフは、さまざまな歴史のナイジェリア人がアンクレットの使用の定義を確認していると述べました。
彼女は、一部の人々では、女性と男性の両方が社会的なイベントや、首長の称号の授与や戴冠などの他のさまざまなユニークなイベントを通してアンクレットを着用したと主張しました。
イボ人が使用するアンクレットは、評判、魅力、そして富を示しています。これらのアンクレットは真ちゅう、穀物、象の牙で作られていると彼女は主張しました。
ジョセフは、ヨルバの一部の地域では、アンクレットが特定の校長によって記章として付けられていると述べました。
彼女によると、神聖な存在の信者や崇拝者は、同様に彼らの職場の記章として、そして精神の若者を象徴するためにアンクレットを使用しています。
ハウサ人の中には、特別な日に足を改善するためにアンクレットをつけた人もいたとジョセフは主張しました。
読む:航空会社が高い固定、ガス価格で窒息している記録
彼女は、ハイコースの女性が目立つと考えられているので、それらをアクセサリーとして使用したことを含めました。
ジョセフは、いくつかの気候では、アンクレットは特定のチームの防御または認識を表すと主張しました。
一部の文化では、ゲイエリアや産業セックスの従業員を認識するために使用されますが、一部のコンポーネントでは、出産を避けるための避妊薬として使用されます。
通常、私がもっと若かったとき、アンクレットを使う女の子はビジネスセックスの従業員であるというこの仮定がありました。
私たちのママとパパも同様に私たちが彼らと友達になることを禁じていたので、私たちは誰とでもパートナーを着ています。
西アフリカの一部の地域では、花婿から新しい花嫁にアンクレットが提供され、彼女が現在結婚していることを明らかにしています。事実上、すべての人がそれを使用しています。
それにもかかわらず、整形外科の医療専門家であるドリス・ウスマン博士は、アンクレットは単にスタイルのためだけではなく、修復することもできるとNANに伝えました。
彼らは世界中で身につけられているアクセサリーの中で最も素晴らしいアイテムの1つであると彼女は述べました。
ウスマンによれば、それは時々使われるだけではありませんが、同様に毎日使うことを好む人もいます。それは多くの寸法、デザイン、そしてまたスタイルで見つけることができます。
読む:博士号を取得したお母さんが、子供が頭の中に過剰な水分があると特定された後、事実上どのように自己破壊に専念したかを正確に説明します。
それは足の不快感とかかとの弱点の治療法を提供し、さらに血流を管理し、ふくらんでいるかかとの治癒を助けます。
起業家のジョンソン・エイド氏は、アンクレットの使用は、わがまままたは同性愛を示していると述べました。
私は女性がアンクレットを使用しているのを見ることを軽蔑しているだけでなく、私はそれを使用している女の子とあらゆるタイプのつながりを持つことができると思います。
それにもかかわらず、ラサキ・イショラ氏は、アンクレットを使用している女性には何も間違っているとは思わないと主張した。
私が心配していることに関しては、個人は自分が意図していることを何でも考えることができますが、私が身に着けていると、その使用法に間違ったものは見られません。
私のより良い半分がアンクレットを利用するとき、私はそれが好きです。女性が使う装飾品だと思います。
オスン愛好家のマダム・オミフンケ・サラミは、ヨルバのすべての神聖な存在が、支持者によって足首の関節、首、または腕のいずれかに特定の付属品を装着しているとNANに話しました。
彼女は、特にオスンのファンは首と足首の関節に白と黄色の穀物を使用したと述べました。
オスンは魅力を発揮し、当時、首や足首の関節に見事なアクセサリーを使用していました。そのため、現在、彼女の愛好家はまったく同じものを使用しています。
それは訴えと認識のためにつけられているので、私たちはまったく同じ親族の精神の若者であることを理解しています、とサラミは主張しました。
アンクレットを販売し、また着用している学部生のGbemisola Olusayoは、アンクレットが流行していることをNANに通知しました。
オルサヨは、アンクレットと中央部の穀物をクライアントの仕様に合わせて変更したと主張しました。
彼女によると、彼女の顧客ベースは、年齢、生徒、従業員、投資家、そしておばあちゃんを超えています。
クリスタルを欲しがる人もいれば、単にチェーンやグレインを欲しがる人もいます。また、ポケットや要求に合わせてクリスタルを作成します。
私は穀物の毛、チェーン、その他のさまざまなアクセサリーを購入し、消費者のためにオンデマンドで作っています。