商品の紹介

壮大なオーダーメイドのユリの白いクレープガウンは、彼女の最初の衣装に象徴されるスタイルの感覚をもたらし、高いホルターネックのデザインを備えています。

裸眼では、多くの花嫁になる人は、クリーム色は、通知されるまで、または他の方法で棚にあるすべて自然な白であると信じています。

オールナチュラルホワイトは、生の白(望ましくない青いノートを除く)のように描写する傾向がありますが、さまざまな肌、特に黄色のタッチの肌にははるかに美しいです。
クリーム色。
一般的に卵殻と呼ばれるこの色は、すぐに現代の新しい花嫁にとって最も目立つ白の色の1つになりました。ビロードのような色合いは、まだ白として写真を撮っている間、ある程度のデラックスを含みます。一部のクリーム色の衣装は、単に柔らかな白い外観とは対照的に、黄色のタッチを持っています。

サセックスの女性は、王室のメンバーの真新しい参加者として、53の花のそれぞれで構成されることがどれほど重要であるかを正確にレビューしました。

5メートルの長さのシュラウドは、彼女の洗練された伝統的なブライダルガウンへの優れた仕上げでしたが、フォロワーが予想したように、同様にユニークな価値を持っています。シルクチュールで作られており、共和国の各国を表す53の特定の花が縫い付けられています。

白対クリーム色のブライダルガウン:区別は何ですか?
どの色があなたにとって理想的であるかを決定する方法を正確に発見してください。