商品の紹介

あなたは単に喜ぶために[結婚式のお祝いを3回または4回衣装を終えた]を着ることを望んでいます。
現代のイブニングウェアの創設者であり組織成長の監督者であり、結婚式のタグであるガルバンであるキャサリン・ホルムグレンは、実際に顧客と同様に転覆した状況を閲覧してきました。サービスが急増し、制約が厳しくなり、個人的に収集する意欲が高まる中、2020年に向けて実際にデザインを保留にしていた女性は、最後に専念する準備ができています。パンデミックは絶えず進化する状況であり、同様に、将来の花嫁のクローゼット要件でもあります。


ガウンを使用するのを待つことができないので、ガウンを離れる女性がいることは間違いありません。一年中使用してください。その後だけでなく、まったく同じ製品のシルクコートやスリップ衣装と同じ色合いなどのカバーアップや、屋外と屋内で使用するガウンの上の長いシルクトレンチレイヤーなど、サイズを変更している他の人もいます家、状況のために、ホルムグレンは共有します。
ホルムグレンとゴールドバーグの両方が離陸しているという追加の感覚は、欲望のガウンに単一の重点を置くのではなく、結婚式のお祝いのクローゼットのキュレーションです。このパターンの利点は、ガウンのオプションでさらに多くの自分自身を(比喩的に、ただし状況によっては本質的に)開示することを提供するイベントです。ゴールドバーグ氏によると、この一例は、通路を散歩して夕食の前に変身することを目的として獲得した、滑らかな柱のような衣装を確かに変身させることになるでしょう。
服装の調整はさらに、楽しい変数を変換する手段です。これは、そのような静止した、そして厳しい隔離の呪文の後に特に歓迎されます。コビッドの高さ全体にマイクロウェディングがあり、さらに大きなお祝いの言葉を整理する戦略を持っていた花嫁にとって、典型的なセレモニータイプのドレスはもはや適切ではないかもしれません。

結婚式のイベント戦略は実際に変化しました。花嫁が通路に置いているものがあります


パンデミックによって戦略が中断された多くの婚約者のペアのように、チャーリーと彼女の現在の夫であるウィルハルは彼らの正直なお祝いに関して革新的なものを手に入れる必要がありました。 Covid-19の登場により、さまざまな封鎖、旅行の制約、結婚式のお祝い部門をノックアウトした社会距離拡大政策、そして多数の新郎新婦がプログラムから外れ、一部の人々はデジタルイベントを選択するようになりました。他の人が後日遅れている間、結婚式、またはelopements。それにもかかわらず、すべてのシナリオで、1つの懸念はまったく同じであり続けました:ガウンについてはどうですか?
彼らの最初の結婚式のイベントの日を維持するために、チャーリーとウィルは彼らの内部の場所を変えるように求められました、それはテーブルプランとバーのアクセス可能性に関するCovid関連の制限を提示しました、そして120人からのゲストのリストを絞り込みましたチャーリーの場合、服の変更はすぐに一致するように固執しました。
たった30人の訪問者しかいないママとパパの庭のマーキーの下にいるので、最初のガウンもそのセットアップに大いに役立ったと本当に感じたので、私は実際に基本的なAラインのミディガウンに行きました。彼女は、自分の服がその日の真新しいデザインにぴったり合っているように感じたかったと彼女は説明します。
結婚式のスタイリストと開発者のRefinery29がこの話で話したところによると、彼らの顧客は実際には結婚式のイベントの準備手順のあらゆる面でもっと積極的にならなければならず、衣装も例外ではありません。 2020年の非常に早い時期に傷がなく、保管されていたのとまったく同じドレスに変更する場合でも、セットを完全に調整する場合でも、一部のガウンは、主要な機会と同じくらい多くのイメージチェンジを行っています。
ハーパーズエクスポジションのウェディング&トラベリングスーパーバイザーであるキャリーゴールドバーグは、女性は、訪問者の数、機会のレイアウト、体験的な添付ファイルなど、曲がるだけでなく曲がるのにも慣れてきていると主張しています。彼女は実際に、期間やセットアップの予期しない変更に合わせて袖をなくすことなど、さまざまな方法でパターンが具体化するのを見てきました。

30人の訪問者しかいないママとパパの庭のマーキーの下にいるので、最初のガウンもそのセットアップに大いに役立ったと本当に感じたので、私は実際に基本的なAラインミディの衣装を選ぶことになりました。ガウンをそのまま使用するのが待ちきれず、実際には一年中使用するのを待っている女性が絶対にいます。そしてその後、サイズを変えている他のものがあります。たとえば、まったく同じ製品のシルクコートやスリップガウンと同じ色合い、または屋外と屋内で使用するための衣装の上の長いシルクトレンチレイヤーなどです。状況、ホルムグレンは共有します。ホルムグレンとゴールドバーグの両方が離陸しているもう1つの感覚は、欲望のガウンに重点を置くのではなく、結婚式のお祝いのクローゼットのキュレーションです。結婚式のお祝いを3回または4回終了したときに、単に本当に喜びを感じるために使用したいと思うのは、本当にガウンのように感じます。

ゴールドバーグは、イタリアでの結婚式のお祝いを2年遅らせた後、ドレスの輪郭を縫い合わせるだけでなく、コルセットを再構築して、彼女の大きな遅れた日が2022年にここに来るときの新鮮さの感覚。同等の装置とシュラウドも実際に変更されました。
ガウンがさまざまな背景に対してどれだけのスペースを使用できるかを考えることは、特定のデザインをドレスメーカーに送り返すもう1つのレイアウトコンポーネントです。訪問者数が減少し、最初は大きなドレスを使用するつもりだった場合、おそらくそれは機能にスリムなデザインを施し、通路にその大きなドレスを使用することに関するものだとゴールドバーグは主張します。非常に数人の個人がいる部屋では、訪問者の問題よりもさらに多くの領域を使用します。
ゴールドバーグはさらに、この要素を追加の物語で示しています。これには、夏の外の季節の機会に変わった、注目に値する大都市の場所での冬の内陸の結婚式のお祝いがあったことも含まれます。今後のイベントの変更されたビジュアルを維持するために、新しい花嫁は、彼女のドレスのステッチされた袖を排除して、彼女の太陽が降り注ぐ環境によりよくフィットするノースリーブのVネックの外観を開発することを選択しました。

今週紹介するために設立されたピルは、ホワイトが前年を乗り越えていたクエリへの直接の応答であり、タグのはるかに短いバリエーションの要求からなる、店舗や花嫁からの50%も同様ですトレードマークの形と、さらに高低の裾の統合。大きなスモークスリーブとスピリチュアルなハイネックカラーを含む彼女のヒットしたミニカスピ海の衣装は、実際に世界中のInstagramフィードと裁判所の家を引き継いでいます。
ホワイトは、このデザインが成功したとしても、小さなガウンのピルコレクション全体を再紹介します。結婚式のイベントを3回、さらには4回終了したときに、単に喜ぶために着るつもりのガウンのようです。理想的には、より実際に満足できるレイアウトをペアで作成できます。
短いまたは長い、豊富なまたは合理化された、時代を超越したまたは予期しない、ポストコビッドの視点の夫婦の見方の波に関して具体的なことは、彼らが習慣の範囲内に絶えず落ちることはないということです。開催されたかどうかにかかわらず、パンデミックの結婚式のイベントは、実際には、花嫁になる人が自分自身を明らかにするためのはるかに多くの可能性を開きました。
昨年の結果の1つは、本当に若返りが存在すると思います。これは、新しい花嫁が結婚式のお祝いに興味を持っているはるかに大きなシリーズの服であり、入手に使用できるものの適応性がさらに大幅に向上しているようです。水、ホルムグレンは主張します。標準的な新しい花嫁がまだ存在しないということではありません。私は、新しい花嫁が自分自身を共有できるという意味がさらにあれば、はるかに良いと信じています。

ウエディングドレス

ブライダル ドレス

ウエディングドレス

卒業 式 ドレス

ウエディングドレス

結婚 式 二次会 ドレス

ウエディングドレス

花嫁 ドレス

ウエディングドレス

結婚 式 ドレス 安い

ウエディングドレス

ウェディング ドレス 半袖

ウエディングドレス

前 撮り ワンピース

ウエディングドレス

発表 会 ワンピース

ウエディングドレス

う ウェディング ドレス

ウエディングドレス

ディズニー 結婚 式 ドレス

ウエディングドレス

結婚 ドレス

ウエディングドレス

ドレス スター

ウエディングドレス

パーティー ドレス タイト

ウエディングドレス

ドレス パーティー

ウエディングドレス

ブライズ メイド ドレス